スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語りかけについて☆

親子英語の一つの語りかけについてまだ書いていなかったので先に書かせていただきます。

語りかけに関してはとくにご家庭によって比率がわかれるところだと思います。OPOLで片親が英語を徹底されているところもあれば、語りかけをほとんどしていないというご家庭もあるかと思います。

何度も言いますが、どれが正しくてどれが間違ってるということはないのでご家庭に合ったやり方でいけばいいかなと思います。

親子の会話のほとんどを英語でされているご家庭のお子さんがバイリンガルキッズになっていると、やっぱり親が話せるからそこまでいくんだろうなぁと思ってみたり、自分もそこまでできるように頑張らないとっと焦ったりすることがあるかもしれませんが、その必要はないと思います。


日本語の場合に置き換えて考えてみても、小さい頃こそ親のおうむ返しの繰り返しでどんどんおしゃべりが上手になっていくのを感じますが、だんだん年齢があがるにつれテレビで聞いたことや本で読んだことからも吸収し始めますよね。幼稚園や小学校に上がればお友達や先生と会話する時間が格段に増え、また一気に日本語が伸びるのを感じると思います。

逆に片親(もしくは両親)がネイティヴであっても、親との会話以外で日常的に英語に触れる機会が少なければ、バイリンガルに育つことは難しいです。ハーフなのに英語が話せない人たくさんいますよね。小さい頃はよくても、日本語との差が出てくると英語を話さなくなって、思いつくのが高いインターに通わせることしかなかったりします。


ここからもわかるように、親の語りかけはインプットにもなり得るけれど、おうち英語家庭の場合、動画・本・かけ流し・親以外との会話といういくつものインプットツールがある中の一部でしかないと思います。

なので、十分な語りかけができないから、子どもの英語を伸ばせないということはまったくありませんし、負担になるほど語りかけを頑張らなくちゃ頑張らなくちゃと肩肘を張る必要もないと思います。


京都のストーリーガーデンに行った時、英語がほんとに苦手だというばや館長が、それでもなにも構えることなく、自然と娘ちゃんや他の子どもたちにも英語を話していたのがすごく印象的でした。親子英語の語りかけのモデルスタイルだと思いました(*^^*)笑

インプットしなくてはと頑張る語りかけではなく、日常生活の中で英語を話すことは当たり前という環境を作るための語りかけ。そう考えていくと気楽に語りかけができるんじゃないかなぁと思います。

言葉では伝わりにくかった方、ぜひばや館長の語りかけを見にストーリーガーデンに行ってみてください^ ^笑

また、お子さんの意思が出る前から語りかけをされている方は、お子さんも拒むことはないと思いますが、ある程度お子さんが日本語を話すようになってから始めた場合、急にママ(パパ)が英語で話始めてとまどい、拒否をされることもあると思います。でも語りかけしなきゃと頑張り、嫌がられ、焦ってと悪循環に陥ることも。

もし語りかけを一切拒否される場合は、英語が話されている場所にお子さんと行って、親が英語でコミュニケーションをとっている姿を見せるというのもいいと思います。

私は流暢に話せるわけではないけれど、インターのバザーに行って、ネイティヴの方とわざと娘の前で雑談をしてみたり、英会話カフェに一緒に行って話したり、無料の英語イベントに行ってネイティヴスタッフにわざと用事を作って話しかけてみたりというのを、英語を話すことは日本語を話すことと同じなんだよというのを感じてもらいたくてやっていました。

きっとお子さんがそこを感じたら、英語のアウトプットにもつながっていくのではないかなぁと思います。ママ(パパ)との楽しい時間が、日本語で過ごしているか英語で過ごしているか、ただそれだけの違いです。

アウトプットについてはまた次の記事で書かせていただきます(*^^*)




スポンサーサイト

かけ流し~A家編~

こんにちは。Aマサです。( 他の方につられて伏せ名にしてみましたっ! )
我が家もかけ流しについて書こうかと思ったのですが
実は我が家の場合は皆さんの参考になるようなかけ流し取り組みは
できてないと思います。
ネガティブ記事になりそうなので書くのをためらっていたのですが
とりあえず思うまま書いてみます。(ネガティブ部分、スルーしてくださいっ!)

親子英語を研究していると方法論の1つとして出てくるのが「かけ流し」。
ウチが親子英語を始めたのはもう8,9年前になるのですが
その頃から王道として情報が流れていました。

今はもう売られていない「コイズミ」君を購入し
DWE を入れたりCTP を入れたり、そしてアニメの音声を入れたりと
当時ブログで語られていた種類のコンテンツを入れて暇があればかけて
車のなかでもCDを聞かせていました。
カミさんに頼んで自分がいないときもかけ流しをお願いしたりしましたが
3日と続きませんでした。無念。。
あとはお風呂CDを使ってお風呂でもかけていたりしました。
(お風呂CDについてはDWEオンリーでした。選ぶのが面倒だっただけで特に意味なし)

が、ウチの長男(ユウ ほぼ10歳)はどうも音に対しての感性がにぶいのか
みなさんが書かれているようにかけ流しの音声を真似したことは
ほとんど記憶にありません。
いまいち他の取り組みと連動できておらずそれもよくなかったと思います。

最初は頑張って音源を考えていましたがだんだんと熱意がなくなり
今入っている音源はもう何年も前のものがほとんどです。
ユウはほぼ Brain Pop Jrです。もう何年も、、たぶん聞いてませんが(爆)。
長女(フウ ほぼ7歳) 用にはそれなりに変えて本のCD版やアニメや Little Fox など。
一見新しそうですがメインのアニメはユウ用に入れたものばかり。。
それでも一応暇があればとりあえずかけてます。
(1台しかないお風呂CDはカミさんの韓流CDを取り換えるのが面倒くさくなり
 辞めてしまいました。が、DWEをかけていたころはCDからの質問に答える
 こともあったのでそれなりに聞いていたようです。)

なにせ子供と一緒にいる時間が短いので現在のかけ流しは
平日の朝食時、週末の食事時くらいです。
効果を考えてかけるというより単なる習慣なのですが。。
(カミさんもよく文句も言わないものです。もはや誰の耳にも入っていない??)

ただし今朝の朝食時、いつものようにフウ用に何の意図もなく
Caillou をつけていて誰も聞いていないと思ったのだけど
突然フウがカミさんに「鳥はなにを食べると思う?」といきなり聞いてきて
カミさんが「さぁ?」と答えるとすかさずユウが
「さっきコレ(コイズミ君)が言ってたじゃん」と言ってました。
どうやらCaillouの中のエピソードを聞いてフウが質問し、
その内容をユウも認識していたようです。
このことがあって今回、重い腰を上げてこの記事を書く気になりました。

ということでかけ流しはやっぱり聞いてないようでも聞いている
というものなのでしょう。
Caillou はめったにかけないのでたまたま聞いてたのかもしれません。
やっぱマンネリはいけませんね。
皆さんのかけ流し記事を読んで頑張らねば(フウ用に)と思う Aマサでした。

かけ流し~maomao家編~


Rママさん、Mママさんに続き、

我が家でのかけ流しアイテムを

少しばかりご紹介したいと思います。

かけ流しはいろいろやってきましたが、

今、中学2年生になるマーちゃんに

初めて聞かせたのはCTPでした。(何年前だ~~??(笑))

車での移動には必ずかけていました。

車という限られた空間でのかけ流しだったので

とても効果的。

子どもたちの歌声は聞いていてとても心地よかった

思い出があります。

あとは、読み聞かせしたORT絵本のCDもよく流しました。

読んだ場面が頭に浮かぶし、

もう一度音声だけでお話を楽しむことができます。


我が家のかけ流しといえば、

Jazz Chantsも頻繁にかけていました。

Jazz Chantsは、英語の音、リズム、イントネーション

に加え、文法も自然に身につきます。


Jazz Chants入門編としては、こちらがお勧め。

身の回りの物がチャンツになっています。
↓↓
  

Jazz Chantsは他にもいろいろありますが、
↓↓
 


その中でもこれは、ぜったいお勧めしたい!
↓↓


'Goldilock and the Three Bear'
'Little Red Riding Hood'
'Chilen Little'
'The Three Billy Goats Gruff'
'The Three Little Pigs'
'Little Red Hen'
'Rumpelstiltskin'
'The Fisherman and His Wife'

が収録されています。

なんていうかな、劇が収録されてるみたいな感じ。

我が家では比較的新しいJazz Chantsですが、

私も大好き♡&ともくんもよく歌ってくれました。


だいぶ昔になるけど・・・

日常会話編なら、これもよく流していたかな。
↓↓
  


我が家では幼稚園~小学生になってからは

ご紹介したもの以外には

NHK Worldの番組を流したり、

Little Foxで好きなお話しの音声を

ダウンロードして聞いています。


よく、DVDの音声だけを抜いてかけ流す方法もありますが

私は面倒であまりやってあげられませんでした。

でも、好きなDVDの音声をかけ流す方法って

とっても効果があると思います。

いわゆる、コイズミくんを使っていた時もありましたが、

私はとりあえずパソコン派でした。

パソコンにダウンロードしちゃえば早いです!

あとはかけ流しすることを常に頭に入れておくこと。

ちょっとした隙間を見つけては流します。

聞いていないようでもいいんです。

実は聞いてることが多いですから。

英語が毎日聞こえている環境はとても大事。

もう英語が上手に話せるお子さんでも、

絵本や小説の音源など、

かけ流しだけは続けてあげてください。

日本語環境に負けない耳を鍛える意味でも、

まだまだ活用できる取り組みです。


ではこの辺で…

かけ流し~maomao家編でした~^^


かけ流し~Mママ家編~

こんにちは。Mママです。
Rちゃんから、バトンを受け取ったので、「我が家のかけ流し」について書いてみます。


かけ流しは、親子英語スタート時から取り入れました。
最初は、車の移動中や食事中のBGM程度でしたが、今は、テレビを見る時、ワークをする時、主人が一緒の時(^^;以外は、ずーーとリビングに流れています♪

我が家は、「ウォークマン」を使っています。
プレイリストを作って、2週間くらい毎日繰り返し聞きます。
もちろん子供たちのリクエストがあった時、私が飽きた時も、家のCDは全て入れているので、すぐに対応できます。
ラインナップは、音読に取り組んでいる絵本や読み聞かせた絵本の朗読CD、キャロリングラムさんのチャンツ、歌のCD、アニメの音声(ケーブルを使ってTVから音声だけを抽出することもできます)などです。
選ぶ基準は、聞いていて「楽しいもの」と、「なんとなくでも理解できるもの」です。
だから朗読CDやアニメの音声は、絵本、動画とそれぞれリンクさせるようにしています。
 
英語のインプットだけでなく、HalloweenやChristmasの時期は、イベントを楽しむためのかけ流しもします♪

「かけ流し」について改めて考えてみますと、我が家では、英語が生活に溶け込んだという効果もありました。
音源が、アニメや絵本とリンクしていることで、子供たちが、自ら英語絵本のリクエストをしてくれたり、チャンツなどは、掛け合いが面白いので、親子の英会話のきっかけにもなりました。
「かけ流し」のおかげで「絵本」「語りかけ」「動画」などの親子英語の取り組みが、より自然にできたのかもしれません。

と、日々、幼稚園児姉妹との親子英語に試行錯誤中ののママの一つの経験談になります。
最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

かけ流し〜R家編〜②

動画音声のかけ流しについての続きです。

音声抽出の方法は色々あると思いますが、我が家ではこちらを使用しています。



ICレコーダーです。我が家が購入したのは数年前ですので、今はもっといいのが発売されているかと思います。


ケーブルでテレビとレコーダーをつなげて録音を押せばすぐに録音ができて簡単にテレビ(DVD)の音声だけ抽出できます☆


こちらのレコーダーにはスライド式USB端子が搭載されているので、メモリがいっぱいになったらパソコンなどにうつせばまた録音が可能になります。


機械にあまり強くない私でも簡単にでき重宝しました。他にも色々抽出方法はあると思いますので、他の方の方法も参考にしてみてください。


と書いておきながら、実は最近ではあまり音声の抽出はしていませんσ^_^; クロームキャストを購入してから、You tubeをテレビで観ることが増え、お気に入りの動画もYou tubeで観ているものが多いので、iPhoneで直接かけ流しをしています。


ちなみに仲良くさせていただいている親子英語のお友達のお宅では、ポータブルDVDプレイヤーを使ってかけ流しをされているとのことでした。ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。
↓↓↓

毎日おやこえいご日和のLaylaさんの記事
「おうち英語☆我が家で効果的な方法はこれ!」


ツールのことだけでなく、効果的な連動について詳しく書いてくださっています。

私がかけ流しのツールについて書けるのはここまでです💦他の方法について、みなさんよろしくお願い致しますm(_ _)m
プロフィール

おうち英語ひろばin愛知

Author:おうち英語ひろばin愛知
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。