スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自力読みへの道☆R家編

前回の交流会で自力読みに関するご質問に簡単にお答えさせていただいたのですが、端折り過ぎたためにうまくお伝えすることができずに申し訳ありませんでした💦

読みへのアプローチに関して、Laylaさんがとても素晴らしい記事を書いてくださったので、そちらを参考にしていただいて、この記事はただの大雑把な母娘の話としてちょっと流す感じで(?)読んでいただけると幸いですm(_ _)m笑

まずは自力読みを意識する前のお話。

Laylaさんも書かれていたように、とにかく本が好きという気持ちを育てたくて、日本語も英語もたくさん読み聞かせをしてきました。

英語も日本語と同じ言葉にすぎないから、英語を特別扱いしないというタエさんの考えに感銘を受け、本に関しても日本語の本とか英語の本とか区別させないよう、本棚にも日英まぜまぜで入れていました。

はい、英語の本読みますよー🎶的な雰囲気も出さず、あくまでも子どもが読んでと持ってきた本を一緒に楽しむようにしていました。

毎日30冊(小さい頃は一冊が短いので)くらいは読んでいたと思います。おうちから出られない日は本を山積みにして持ってきて、読み聞かせを楽しんでくれていました。

あとは図書館の読み聞かせ会などにもよく行ったり、図書館は2週間に1回は必ず行き、好きな本を自由に選ばせて借りていました。今でも図書館は大好きで、宝探しをしているかのように目をキラキラ、いやギラギラさせながら本を選んでいます(*^^*)

これが功を奏したのか、たまたま生まれつきそうだったのか、我が子は本の虫と化しました( ̄▽ ̄)

こうやって親子の読み聞かせタイムを楽しみながら、私はせっせと情報収集。笑

先日Laylaさんが記事にしてくださったような、諸先輩方の記事を何度も何度も読み返していました。(ぜひ読んでみてください
そこでLeap FrogのDVDやStarfallの存在を知り、フォニックスはこの辺りを楽しんで、初歩段階を自然と覚えてくれたらそれでいいかなと漠然と考えていました。

そして種まき期へ、、、

Leap FrogのDVDがそろそろ楽しめるかなと思える時期にちょうどアルファベットブームが来ていたので、いざ投入!下心はありまくりだったけど、あくまでも他のDVDと同じように「新しいDVDあるけど見たい〜?」という感じで見せました。

反応は連日3回ほど見て、ぱったり見なくなりましたが、歌はもう頭から離れないので、それだけでアルファベットのフォニックス読み?はマスターしてしまいました。

DVDから抽出した音声を頻繁にかけ流しましたし、Leap FrogをBOXセットで買ったときにおまけでついていたアルファベットのカードで遊びたがったり、DVDの真似をしたがったりしたので、一緒に遊ぶこともしました。(とくにフォニックスを意識した遊びではなく、謎な遊びでしたが💦)

私はフォニックスのことは全然分かっていなかったので、もちろん教えることもせず、ただ一緒にDVDの歌を歌ったり遊んだりしていました。

その後、続きのDVDも出しましたが、あまりお好みではなかったようで、それぞれ2回くらいしか見ていないかな?でも2回も見れば映像は頭に入ってると思って、あとはかけ流しでインプットしていました。



Starfallもほんとに数回だけですが遊びました。こちらは普段は触れないPCで遊べるというワクワク感がよかったのか、嬉しそうにやっていました。もしかしたらLeap Frog×Starfallで初歩段階のフォニックスをマスターしたのかもしれません。(ほんとざっくりでごめんなさい〜〜💦)

あとはママはこれを読んでいるのかなっていう気づきがあればいいなと思い、ごくたまに文字を指で追って読み聞かせもしていました。

種まきだけしたら、あとは本人の読みたいサインが出るのを待ってみました。

親子英語のことに限らず、本人がそれに夢中になる時期を待って、そのサインが出たら後押しできるよう準備をしておこうと思っているので、旬を逃さぬようにLeveled Readerと呼ばれるものは先輩の記事を参考に揃えていました。

そして自分で読みたいサインが出て、読みがスタート!

サインは日本語の本を読み始めた時と同じ現象で分かりました。それは、家でも外でも英単語を見るとなんて読むのか聞いてきたり、読み聞かせをしているときに、今言ったのどこ??って聞いてきたり。

そして決定的だったのが、赤ちゃん絵本を片っ端から読もうとし始めたのです。でも日本語の本とは違って、赤ちゃん絵本が必ずしも易しいというわけではないので、もちろん躓きました、

そこで読み聞かせでも読んできたStep into reading1などのとても簡単な本をさりげなく机に置いておいたりして、読める!という気持ちを育んでいけるように見守っていました。↓一例です。


Brandnew readersやCliffordのパックなど温存していた本も投入し、何度も同じ単語に違う本でも出会うことによって、読める単語が増えていったように思います。(どれも約10冊ほどはいっています。)


ある日こちらも小さい頃によく読んでいたSight word readersなら、本当に簡単だし一気に読めるだろうと思っていたら、「それは読めない。こっちにする」と言って、SWRよりはるかに語数のあるこちらを読み切りました。



その姿は私に大事なことを思い出させてくれました。。もちろん読みを進めていくにあたり、ある程度レベルの調整をしてあげる必要はあると思うけれど、本は読めるようにするために読むものではなくて、読みたいから読むものだったな〜ということでした。

自力読みの本だって、読み聞かせの本と同様、レベルにとらわれず、読みたいものを選んで当然。そして自分で読みたいと思った本ならこんなに頑張って読むんだな〜と思いました。

そして子どもが読みたくなる本をあらたに購入したりしました。プリンセス好きにもってこいの↓↓


幸いORTやCTP、その他リーダー本もとにかく豊富な図書館に通っていたので、それらにもたくさんお世話になりました(今もです)が、読めるようになるための本とはまったく知らず、大好きで読みたいから借りているという感じです。なので、ORTも全然順番にステージを踏んではいません。それも気にせず自由に選ばせました。

今では1番ストライクゾーンで読むのはTree Topsと呼ばれるStage10+〜12+ですが、同じ日にStage2を借りたりします。笑

ORTやCTPは読んだところを見た次の日にかけ流しをしたりして、「あっ昨日の本だ!読めなかったあそこは◯◯だったのか。」とか何か気づきがあるかな〜と思ってしていました。

実際のところは分かりませんが、どんとん読めるようになったのは、CDや読み聞かせの時に聞いた音と文字がどんどん一致するようになったからじゃないかなぁと根拠なく思っています。

ちなみに家で新しい本を出す時には、どんな本が温存されているか子どもは知らないのでなるべく語数や難易度を見て、そろそろこれくらいかな?といった具合でレベルを考えながら渡しています。

Super whyやWord world、Between the lionsなどのDVDもこの時期に見ています。(今もリクエストがあることもあります)

そんなことを繰り返し、あれよあれよという感じで(また曖昧)読みが進んでいきました。長いだけで大した話じゃなくてごめんなさいm(_ _)m

きっと色々なやり方や経験談をお聞きになることと思いますが、親子の数だけ形があるのがおうち英語。お子さんをしっかり見つめてらっしゃる方々ばかりなので、きっとそのカスタマイズを楽しみながら進んでいかれることと思います(*^^*)

我が家ではこの先リーダー本からチャプターブックへの移行というステップがあると思います(あるといいのですが)。みなさんと同じようにずっと試行錯誤をしながらやっています。情報交換しながら一緒に楽しみながらやっていきましょうね🎶











スポンサーサイト

コメント

Sちゃんは本当にあっという間に読めるようになりましたよね~。

>どんとん読めるようになったのは、CDや読み聞かせの時に聞いた音と文字がどんどん一致するようになったからじゃないかなぁと根拠なく思っています。

って、私も正にこれだと思いますよ~!!

たくさんのインプットがあったから、ちょっとルールを覚えてしまうとどんどん読めるようになる。日本語もそうですよね~。話すのも、読むのも、『語彙力』が大事じゃないかなって思います。だから、maomaoさんの”『読む』は『話す』にもつながるという話”がとっても説得力があるんですよね。

本当にすべてに頷きながら拝見させて頂きましたよ!(´ー`*)ウンウン
これ以上言うことなしですね♡

Laylaさんへ

コメントありがとうございます(*^^*)

Laylaさんにそう言っていただけると安心です。なんの理論も学んでいるわけではなくて、ただの経験から言えることだけなのでいつもこんなこと言っていいのかなぁと思ってしまうんですよね💦

でもLaylaさんの記事と照らし合わせてみても、あれ?もしかして同じこと書いちゃった?って思ったくらい似ていた(おこがましいですね💦)ので、自信を持って伝えていいのかなと思えました。いつもありがとうございます♡

とても丁寧にしっかりと取り組まれていることが伝わってきました。純粋に読み物としても面白かった(笑)
LaylaさんとRさんの二本立てで、我が家の娘との取り組みに光が〜★
もっとゆるゆるな取り組みになるでしょうが、頑張ります〜!
ありがとうございました❤︎

なほさんへ

全然丁寧じゃないんですよ〜こんな雑にでも読めるようになるという例を書いたつもりが。。。書き方間違えたかな?笑

娘ちゃんにヒットしそうな本があればお貸しできるので遠慮なくおっしゃってくださいね〜(*^^*)

昨日、私も図書館に行ってたまたま同じTree Topsのシリーズまとめて10冊借りてきたところです。そしてタエさん式にさりげなく?テーブルやら床に置いておきました 笑
先週はわざわざ遠出して市外の図書館へ行ってきましたよ^^もうそこが宝の山に見えてニヤニヤが止まらずかなり怪しい人だったと思います 汗
R家さんが通う図書館にはCTPまであるなんて本当に羨ましいです☆今だというチャンス時に多読図書館なるものが通える環境はありがたいですよね(#^.^#)

やまこさんへ


にやにや~すっごく分かります(笑)初めてその図書館に行ったときは興奮しすぎて主人ドン引きでしたから(笑)
図書館様様ですよね、ほんと。
ご存じかもしれませんが、Tree Topsの音源HPからダウンロードできます。

http://www.oupjapan.co.jp/ja/gradedreaders/ort/download/index.shtml

Decode~の音源もありますのでご活用ください( *´艸`)

ありがとうございます★

このHPの存在をすっかり忘れてました~!Tree TopsもOXFORDなんですね。図書館で借りたシリーズの音源は何故か見つからなかったんですけど、色々なシリーズの音源の宝庫~★b掛け流しとして使えますね!
ありがとうございます!(^^)!

わわわ〜♪( ´▽`) とてもステキな記事をあげていただいて嬉しいです♡ありがとうござりまするー

日本語絵本の関わり方が本当に我が家も同じなのでびっくりしました笑 そこに大いなるヒントがあったのですね♪また一方で「簡単」といえども英語では気をつけなくてはいけないことも、ふむふむ。

うちは日本語絵本も自分で読むのは本当に最近の最近まであまり気乗りしなかったようなんです。ママが読んでくれるのに読む必要ないじゃん(わたしは絵を見たいの!)とか、自分が読み始めたらママは読んでくれなくなっちゃう(ってな勘違いなる不安があったり)

でもそこを乗り越えたら読むことによる発見もいろいろあったりで少しずつ読み始めるように。それがまた英語にも波及してきて、これはこう読むんだよねってCTPやORTと同じWordを絵本で見つけると聞いてくるようになったんです(^з^)-☆

旬を逃さず でも焦らず
楽しみたいです♡ありがとうございます(^^)

きぃぴぃさんへ

書いてみたらすごく長くなって、自分でも端折りすぎたなと思いました。笑

実はMママさんちのお姉ちゃんもママの読み聞かせを聞きながらじっくり絵を見たい子で、そうゆうお子さんの場合は我が家のようにはいかないってずっとMママさんから聞いていたので、もしかしたらきぃきちゃんもそちらのタイプのお子さんかもとは思っていました。我が子は絵はもちろん見るけどそこまで集中しないというか、どちらかというと文字に気がいく子だったのかもしれません。絵が大好きな子をどうやって導くかはMママさんにお聞きしましょう(*^^*)笑 あときぃぴぃさんに1.2年後記事を書いていただきたいです♡

そしてお会いした時もすでにお子さんに合う方法を見つけてらっしゃるように感じました。「旬を逃さず でも焦らず」この言葉に私が言いたかったことのすべてが詰まっている感じがします。一緒に宝探しを楽しみながら、素敵な親子の時間にしていきましょうね☆

ななななんと!
Mママさんの娘さんもおんなじなのですね〜(≧∇≦)
あまり女の子でいなくて…ぜひ体験談お聞きしたいです♡

きぃは文字も含め「記号」というジャンルに対する興味が乏しいんですよね(^^;;
それはそれで認めつつおもしろい世界もあるよって誘っていけたらと思います(^-^)

きぃぴぃさんへ

そうなんですね〜!

ORTなどもとても良いので、そちらで読める自信をつけながら、やっぱり子どもが読みたくなる本をいかに揃えられるかが大事になってくるかなと思います。それは大きくなって多読に進んだとしても、やはり本を読みたいと思ったときに読みたくなる本がすぐあるかが鍵になってくるかなと。

とくにきぃちゃんは今peppaやドーラがお好きということだったので、peppaのリーダー本がLadybirdのread it yourselfシリーズにあります。(このへんです。→Peppa Pig: Recycling Fun - Read it yourself with Ladybird: Level 1 https://www.amazon.co.jp/dp/0723272840/ref=cm_sw_r_cp_awd_uxeZwbBQTRMWM)

我が家もread it yourselfはFalktales系をかなり読みました。Level1は本にもよりますが、少し経てば読めるようになると思います(読みたかったら読んじゃうかも?)ドーラは今度我が家のをお持ちしますので、ぜひ楽しんでくださいね☆スヌーピーはリーダー本は見つけられませんでした💦

重ね重ねありがとうございます(^^)/
amazonUKにてpeppa pigのセットを買ったところでした(^^♪
(初めての海外アマゾンでドキドキドキドキ・・・)
おすすめのほうも確認してみます!

スヌーピーはないんですよね・・・(涙)
でもでも peppaもDoraも大好きなので大丈夫です🎵
(いままでヒットしなかったのはcaillouくらいで・・・たいていはイケる気が(笑))

本当にありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おうち英語ひろばin愛知

Author:おうち英語ひろばin愛知
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。