スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご質問①ORTかCTPか

ORTかCTPか、、
何年も前から幾度となく話題にされてきたことだと思います。

ORTとCTPの違いについては以前maomaoさんが記事にしてくださっていますので、ご存知ない方はこちらをご参照ください。→

まずはじめにお伝えしたいのは、どちらもリーディングの教材だということです。

英語を話せるようにするためのものではありません。もちろんこれらをうまく料理して、アウトプットに繋げている方もいらっしゃるかと思いますが、きっとそれができる方は何を使ったとしてもその素材を最大限に活かせる方だと思います。

どちらももちろん素晴らしいものです。そしてブログなどで絶賛されていると、すごく魅力を感じるのはよーーーくわかります。私もかつてORTとCTPの違いなどをよく調べていたのを思い出します。ORTやCTPに関わらずなんでもそうですよね。結果を出している人が勧めるものは欲しくなります。

教材のいいところは重要な文法項目やある程度の語彙に触れられることだと思います。、しかもそれらが系統だてられていると大人は把握しやすいですね。私も自分の指針として取り入れたものもあります。

しかし、本当に強く感じるのは、これは絶対に必要というものは何一つないということです。
これさえあればという魔法のようなものは一つもありません。

今まで大先輩方がおっしゃってくださっていたことですが、本当にそのとおりでした。

文法にしても、語彙にしても教材を使っていてもいなくても、結局のところ何度もその語彙や言い回しなどに色々な場面(動画なり、本なり、人の話す言葉なり)で触れることでだんだん自分のものになっていくのだと思います。長く続いていくおうち英語の中でたくさん英語の動画をみて、音を聞いて、本を読んで、話して、これを続けていく以外にありません。

また、たとえみんながいいと言っていても、お子さんがそれを好きになれなければ得られる効果は少なくなると思います。

私は好きという気持ちに勝るものはないと思っています。お子さんが楽しい、大好きと思えるものであれば、それはどんなに評判のいいものよりも素晴らしいものになり得ると思います。

そんなお子さんの気に入りそうなものを探したり、またお子さんが好きになってくれるようなアプローチを考えたり、それの繰り返しです。それはやはりいつも近くで見守っている親御さんだからこそできることではないでしょうか(*^^*)


我が家はORTもCTPもありがたいことに図書館にすべて揃っていて借りることができました。でもあくまでもたっっっくさん読んでいる本の中の一部がそれらであるにすぎません。どちらかがなかったら今の子どもの英語はなかったとも思いませんし、これがなかったら本は読めるようにならなかったとも思いません。

ORT、CTPにこだわる必要はありませんが、もし、お子さんがそれらをとても気に入って楽しんでくれそうであれば、ぜひご家庭にあった使い方で使ってみてください。(暗唱するしないなど色々調べるとあると思いますが、お子さんに合わせてカスタマイズしてみてくださいね。)


以上長々と書いてしまいましたが、コメント欄でみなさんと意見交換ができたらと思います。異論ももちろんじゃんじゃん書いてください。みなさんのご意見、またはもっとここを教えてくださいなどあればお願いしますm(_ _)m






スポンサーサイト

コメント

本当にそうですね〜。そして、CTPもORTもおうち英語を始めた時、御多分に洩れず「欲しい欲しい〜!!」ってなってました(笑)
真っ只中にいる時は、なかなか気がつかないんですけど、過ぎてみるとわかることもあります…CTPもORTも、息子はガッツリはまることはなく、でも楽しみました♪
ORTは先生向け?親向け?のガイドがちょこっとあるので、英語が話せない私でも少しだけ話を広げられるのが助かりました〜!

ORTは親子英語ブログで知りました☆

我が家の場合はCTPを借りるチャンスがなく、ORTしか読んだことがないので比べたことはないのですが、ORTに関して言えばキャラクターが出てくるので子供は親しみを覚えるし、話もオチがあるので読んでる私も楽しめたなあと思います。以前、英会話教室を主宰する先生がお勧めの教材は?と聞かれて「おうちにあるもので充分」との言葉が印象に残っていて、別にORTやCTPに拘らずにお家にある絵本でも充分に活用すればいいのかなとも思います。娘が読み聞かせも含めてORTを読んでいた時期は3歳から5歳なんですけど、小学校低学年ならまだまだ奥が深いし楽しめそうです。CTPを活用されてた方の話もお聞きしたいです!

うちの近所の図書館もORTはあるけどCTPはありませんでした。CTPも一度試してみたい、とは思いつつも、最近は既に時期を逸してしまった感があります。。。

ありがたいことに、CTP,ORTをお借りする事ができ、よく息子に読み聞かせています。 CTPはリズムにのせて聞く事ができるCD付きで、お借りしたCDがもっぱら我が家では流れています。ORTは息子がフロッピーが好きなようです。どちらも魅力的で、購入を迷うところです💦 が、どんなに絵本を揃え見せても、息子達が読んで〜と持ってくるのはやはりトーマス! たまにジョージ。。なので、触れさせながら様子見をしている日々です。。食いついた時に購入したいもの😚トーマスのstep into reading シリーズがすでにボロボロです😅

CTPの旬の時期、それはそのご家庭それぞれで感じるものかもしれませんが、それをもし逃したかも?と思っていても、試すチャンスはまだまだあると思います。CTPは2~4歳で使うととても効果が高いように思います。英語のリズムや音を素直に吸収できるし、あっという間に絵本を暗唱し、うちの子ってすごいかも!と日々成長を実感できる絵本です。しかし、それ以上の年齢のお子さんでも、もう遅いかなと諦めるのはまだ早いです。小学生のお子さんなら、CDを聞くことに加え、英文をノートに書き写しすることで自然に文法を覚え、読む練習になり、感覚的な英語から実践的な英語にステップアップする手助けになります。私はCTPの回し者ではありませんが(笑)、CTPはお勧めです♪

maomaoさんへ

なるほど〜!!CTPは(ORTも?)リーディングの取り組みがひと段落した後にもライティングの練習に使える、というお話は目から鱗です。確かに文法(我が家の息子に最も欠けている部分です、とほほ)を身につけるのに良さそうですね。納得です!

遅れたコメになりましたが、先日はありがとうございました(^^)

我が家はCTPもORTもどっちも楽しんでいます。多種多様なものに手を伸ばす前にコアなものが欲しかったというのがCTPを最初に手に取った理由です(^^;;

ちなみにこんな記事を書いていました。
http://s.ameblo.jp/keypee-niconico-days/entry-12119554304.html

maomaoさんのおっしゃるように何度もスパイラルして楽しんでいます。最近は自分で指で言葉を追ってみているみたいで、音だけの世界から文字や意味に少しずつ移行しているのかなと感じます。ワークブックも出してみたら喜んでいて。。

ただこれも別にCTPやORTでなきゃいけない理由ではないですものね(^^;;最近までそれがわかりませんでした。。。

ただ取り入れたなら最大限活用したいとおもっていまに至ります。右も左も分からない自分には一つの指針になったかなと思います(^^) いまのようにつながりがあったら手に取ったかは不明です笑

ユーリママさんへ

そうそう、CTPでもORTでも活用方法はさまざま。文法は正直、小さいうちに教える必要ないと思いますが、書き写しが楽しめるようでしたら、ぜひ試してみてください♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おうち英語ひろばin愛知

Author:おうち英語ひろばin愛知
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。