スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問②アウトプットがなくて不安です

私も上の子と親子英語をスタートさせたとき、読んでいるブログのお子さんは実は特別なんじゃないか。大多数は実は結果が出ないんじゃないか。そんなふうにずっと半信半疑でやっていたのでとてもよく分かります。

インプットを必死にやっているのにアウトプットがない!という方は、そもそもまずはインプットを見直してみてはどうでしょうか?ただ見せればいい、聞かせればいいというものではないと思います。

お子さんのレベルに合ってますか?十分に理解できるレベルですか?背伸びするものもありですが、主に観るものはレベルに合わせたものを観るほうが効率よくインプットされると思います。(先輩方から学んだことで、すごく実感しています)お子さんによっては話されてる言語関係なく、映像がおもしろくて笑っていたり喜んでみている場合があります。好きであっても、それで英語を吸収しているとは限りませんので、お子さんの十分理解できるものを選んでみてください。

あとはもちろんお子さんが好きなもの、興味があるものを選ばれると、好きなものからこそぐんぐん吸収しますので、そこも重要かと思います。

以前おおまかなレベルにわけて番組をリストにしてありますので、よかったら参考になさってください。
おすすめ番組リスト

あとは各ご家庭・お子さんに合った、アウトプットが出やすくなる語りかけの工夫をしてみたらどうかなと思います。アウトプットのきっかけ作りのための語りかけといったイメージでしょうか。、きっとお子さんの性格や個性に合ったやり方があるはずなので、楽しんで見つけてみてください(*^^*)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
以下私がアウトプットしやすいようにやってきたことを書いてみますので、みなさんもそれぞれ見つけた方法をコメント欄でシェアしてくださいね(*^^*)みなさんの体験談がたまったら、それらをまとめてまた記事にしたいと思います。

①動画✖︎本(サイト)✖︎実体験のリンク

例えば始めたばかりの1歳代はNHKのえいごであそぼが大好きでした。その日にキャストたちがやったことを真似して同じフレーズをいいながら遊んだり、歌ったり、出てきたフレーズを生活の中で使ったりしました。その後はまったHi-5でも同じでした。

ドーラが大好きだった頃は、お出かけで車に乗っている時にトンネルを通ればThrough the tunnel....チェック(ドーラを観たことない方よくわからないですよね、すみません💦笑)などすぐにドーラの真似をして私がやっていました。

子どもは大好きな動画で出てきたセリフなので、思わず自分も言いたくなって、同じフレーズを言ってくれました。

あらたまってさぁこれやるぞ!という空気ではなく、さらっと生活の中で、好きな動画や本に出てきたフレーズを取り入れて口にするだけでも語りかけになると思います。今思うと、語りかけを始めた頃、ママとしてではなく、キャラクターになりきって英語を話していたことが我が子が語りかけを拒否しなかったポイントかもしれません。(我が家の場合)

そのために動画は子どもと一緒に観て、その日に出てきたセリフの中で印象的なものを頭にストックしていました。メモをしたこともあります。

我が子は今でもロールプレイが大好きですが、本に出てくるセリフを使ってロールプレイをしたこともありました。

逆に実体験で経験したこととリンクする本や動画をその日に観たりということもしました。お出かけにいく前、行く途中にした時もあります。

水族館に行ったらPeppa pigの水族館に行く動画を見せたり、パンケーキを作る前にyou tubeで海外の子どもがパンケーキを作る動画を観たり、、書き出したらキリがありません。

動画✖︎本✖︎実体験の連動は親子英語のテッパンですね(*^^*)

今でもあっこれ使えそうと動画を観ながら考えるのが癖になっています。笑
ちなみに何を言っているか聞き取れず、英語字幕のないDVDを観ていている場合、ネットで検索すると番組によってはスクリプトが出てくることもありますので、あきらめず探してみてください。


②子どもがその時興味があることを取り入れる


我が子は幼稚園に入園前にそこそこのアウトプットはあり、半日英語で過ごせたりもしたのですが、入園後英語で私と話すことをしなくなった時期がありました。

インプットを変わらずしていても、話さなければすぐに話せなくなります。スピーキングは1年前よりもひどくなっていたときもありました。

そのときは、子どもの好きなこと(クッキングや簡単な実験、工作など)を英語の本やサイト、動画を見ながらやったりして、楽しい英語タイムを作るようにして自然と話したくなる時間を作ることで少しずつ戻っていきました。

平日はなかなかゆっくりと時間が取れず、簡単に出来るクイズやお絵描きなどにして、なるべく毎日その時間を作るようにして、土日と長期休みにたっぷり英語で遊ぶ時間ができるように気に入りそうなことを考えていました。

ディズニージュニアのアニメにはまっていたときは、こちらの→サイトにたくさんのアクティビティーがあるので、それらを利用してはまっている動画遊びをしたり季節に合ったクラフトをしたりしました。

You tubeのHow to系の動画を観ていたときは、子どもをyou tuberになりきらせて(というか勝手にやり始めたんですが)動画をとって遊んでいました。(もちろんyou tubeにはアップしませんが、最近これをお友達のお子さんと送りあったら、子どもたちがどんどん刺激を受けてモチベーションをあげてくれています♡オススメです♡)

英語を話させるのではなく、自然と話したくなる時間になるように考えていたという感じです。

また思い出したら追記しま〜す!

みなさんの経験談や工夫もコメントにお願いしま〜す!!!




スポンサーサイト

コメント

とっても分かりやすくまとめてあって、なるほど〜と読ませてもらいました☆
我が家は二人とも幼稚園入園後に始めたので、幼稚園入園の壁なかったのですが、
長期休み明けからしばらくすると、娘の英語の発話が減っていることに気がつきました。
平日と土日、長期休み、この辺りのバランスを取りながら、日本語も英語もうまく伸ばせたらな、と感じました!

> 平日と土日、長期休み、この辺りのバランスを取りながら、日本語も英語もうまく伸ばせたらな、と感じました!

はっ!!長期休み!!ここでいつも貯金を作ってたんだ!忘れてました💦笑 追記してきま〜す!なほさん思い出させてくれてありがとうございます(*^^*)

はじめまして。
部外者ですがいつも読ませていただき勉強してます!

前回の記事に続き今回もとーってもわかりやすいし、語りかけが苦手な私も希望が持てます。
大事なのは、親がいかに子どもを見て理解して、工夫して楽しませるかっていうことですよね。
子どもの好きなもの、興味があるもの、理解できるもの、楽しめるものなど、親がいろいろ考えて工夫してさりげなく提供してあげる。
それがバッチリうまく合えば、効果も上がるんですよねきっと。

まぁそれも難しかったりするんですけど。笑
でも楽しんでやりたいなぁと改めて思いました。
ステキな記事をありがとうございました♡

こちらののブログ、毎回読むのを楽しみにしつつrinrinさんの文才にも感心してます!我が家では定番の絵本「You choose」とカードの「Brain Quest」がアウトプットを自然に促してくれる教材として大活躍してくれました。あと動物カードを使った神経衰弱やヒントを出して何の動物か当てるクイズ、娘はもちろん私が楽しめるゲームもたくさんやりました!でもやっぱり親が負担なく出来ることをするのが一番だなーと感じてます。この意見コーナー楽しいですね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おうち英語ひろばin愛知

Author:おうち英語ひろばin愛知
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。